【 E001系 『 TRAIN SUITE 四季島 』】

New article!!
中央東線 E001形 四季島①.JPG
【 E001系 『 TRAIN SUITE 四季島編成 』】 10両( JR東日本:中央東線 高尾~松本間 ) 】
「1泊2日コース」(上野~長野~会津若松)の運用に就く四季島編成。撮り鉄の間では『アナコンダ』や『いも虫』と呼ばれてます。車体が単色でメタリック塗装であることから、光の加減で色が変わる為、本来の色が出ない!車体側面に景色の色が映る!上手く撮れない!と撮り鉄泣かせな車両でもあります。鉄道ファンの中では、好きな色!嫌いな色!と賛否両論がありますが、皆様はいかがお考えでしょうか? 2018年以降、中央本線内の旧型特急車両の新型への置換えや、臨時列車の衰退により、入線してくる様々な形式の電車が少なくなりました。そこに新しい形態のクルーズトレインがデビューしてくれたことで、今後も鉄道ファンを大いに盛り上げてくれる電車であって欲しいと期待しています。上記写真は光の強くない曇りの日に、山間の駅前カーブを走行する姿を捉えてみました。「1泊2日コース」で安くても37万円前後するみたいですが、私には高すぎて一生乗ることは出来ないかと思われます。もし同編成にご興味があり、お乗りになりたい方は一度ご乗車してみてはいかがでしょうか?^^;

【 E001系 TRAIN SUITE 四季島 】

2017年5月1日から、JR東日本が運行を開始した周遊型豪華臨時寝台列車(クルーズトレイン)『 TRAIN SUITE 四季島 』(トランスイート しきしま)がデビューしました。主にJR東日本、JR北海道管内の運行を目的に開発され、東北や北海道を周遊します。JR各社では、クルーズトレインブームが到来。JR九州の『 ななつ星 』やJR西日本の『 トワイライトエクスプレス瑞風 (みずかぜ)』も各地でデビューしております。同クルーズトレインの運行ルートの特徴は、第三セクター化された旧JR線なども走行し、どこにでも走っていくことが出来る点です。電気方式は、直流1,500 V区間、交流20.000V区間 50/60 Hz、交流25.000V ( 50 Hz )区間の4電源方式に対応し、ディーゼル発電機も搭載されていることから、ローカル線非電化区間も走ることが出来ます。また青函トンネル内では、北海道新幹線と線路を共用している在来線(海峡線)を走って北海道にも乗り入れることが出来ます。編成の装備としては、PS37C形シングルアーム式パンタグラフが付いており、狭小トンネルの介在する中央本線内や青函トンネルでの新幹線高電圧にも耐えれるよう設計されております。旅行代金は、上野~北海道「3泊4日コース」は、スイートが80万円前後、デラックススイートが95万円前後、四季島スイートが100万円前後だそうです。また上野~長野、会津若松「1泊2日コース」も用意されており、スイートが37万円前後,デラックススイートが45万円前後,四季島スイートが50万円前後だそうです。※いずれも2名1室利用時の1人あたりの料金。

最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございます^^))

※ ブログ掲載時の写真画質は、容量の関係で低下させてます。
※ 撮影地場所のご質問等にはお答え出来ません。予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 56

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • もこ

    周遊型豪華臨時寝台列車一度は乗ってみたいですね~。
    でも年金暮らしではちょっと手が届かない 
    84歳も年齢の限界誰かサポートしてくれる人は居ないかな~。
    2020年06月02日 10:10
  • Shadom

    もこさん^^

    初めまして^^)管理人Shadomです。当サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます^^) またご連絡が遅くなりまして大変申し訳ございませんでした。
    周遊型豪華臨時寝台列車についてですが、ここ最近はコロナの影響で全く動いてないみたいです。この際、JRにコロナキャンペーンを打ち出してもらい、格安で乗れるツアーかなんかを企画してもらいたいところですね^^)
    年に数回ですが、10万円以下の『カシオペア信州』や『カシオペア紀行』と言う寝台車も中央東線を数年前から走りはじめております^^) 
    後日、写真付きの記事を紹介したいと思います。四季島が駄目でもカシオペアでしたらチャンスはあるかと思います^^) 是非ご検討下さい^^)
    2020年06月02日 21:28
  • OTSUKYON

    こんばんは、楽しく拝見しています。
    この四季島、JR東日本には失礼ですが、あまり好きになれません。
    関西人なんでひいき目に評価していると言われるかも知れませんが、トワイライト瑞風やななつ星の方が豪華に見えますし、重厚な濃いめの塗装が際立っていますね。
    2020年07月21日 20:46
  • Shadom

    OTSUKYONさん

    こんばんわ^^)) こちらこそ、いつも楽しく見させていただいております^^)) こんなこと言ってしまってはいけないのかもしれませんが、実は私も四季島好きになれません^^));
    過去に中央東線内で四季島の試運転時があり、多くの撮り鉄ファンが沿線に集結したんですが、通過後の撮り鉄の反応がいまいちでした。
    鉄道ファンからもかっこいい!と言う言葉は、きこえてこなく、逆に『いもむし』『アナコンダ』みたいな声がきこえてきましたよ~~));
    その後は、撮る人はほとんどいなく、忘れられてる感じがします。--));


    どちらかと言うとトワイライト瑞風や117系WEST銀河の方が好きですね^^)) 四季島は、色を変えたらマシになるかもしれません。いずれにせよ一般人には高すぎて四季島も乗れませんのでこれはこれで良いのかもしれませんが・・・
    2020年07月21日 21:27

この記事へのトラックバック