【 209系 『 MUE-Train MUE編成:中央試運転 』】

New article!!
中央東線 209系 MUE① (1).JPG
【 209系 『 MUE-Train 』6両( JR東日本:中央東線 高尾~松本間 ) 】
2018年前までは、中央東線区間を多い時で、1ヶ月間に2回ほど試験走行で入線し、鉄道ファンを楽しませてくれる、レアでマニアックな試験車両でした。この頃は、次期新型車両開発を急がせる為か、あっちこっち毎日のように試験が盛んに行われていたのを思い出します。中央東線特急E351系の制御振り子装置に代わる性能を発揮できるとして注目された技術が、次世代車体傾斜システムです。台車に設置されている空気バネをカーブ走行時に作動させることで、車体傾斜を発生させる仕組みが当日試験されていました。後にこの技術は、新型E353系に反映され、2015年7月25日にデビューした量産先行車(S101+S201編成12両)に組込まれました。その後、中央東線本線上で約2年間の試運転を行い、2017年10月26日から量産車がデビュー。中央本線特急新型E353系への形式統一と、速度向上に大きな貢献をもたらしました。上記写真は、中央東線内の山間にある駅のカーブで試験走行している姿を捉えました。お昼時に東京方面から下ってくる為、比較的順光でシャッターを切ることが出来ました。

【 209系 】

1987年、国鉄型205系を各路線に長期製造投入を行っておりましたが、首都圏で使用されていた国鉄型103系の車両数があまりにも多く、また引退の時期も近づいておりました。今後、国鉄型205系の投入継続では製造費用が高すぎるのと、JR民営化後の経済事情の変化もあり、新たな設計思想「重量半分・価格半分・寿命半分」に基づく新世代車両の開発が行われました。そして1992年に209系の試作車「901系」10両×3本が登場。京浜東北線(根岸線)に試験導入され、1993年より本格的に量産車が、京浜東北線や南武線でデビュー。その後(常磐線・八高線)にも波及し国鉄型103系を置換えました。

【 209系『 MUE-Train 』6両 】

①【クヤ208-2】  ②【モヤ208-4】
 ③【モヤ209-4】  ④【モヤ208-3】
  ⑤【モヤ209-3】  ⑥【クヤ209-3】【6両構成】
※デビュー時は、7両!※【サヤ209-8】は2011年に廃車!

2008年10月:JR東日本:京浜東北線、川崎重工業製の近郊型普通電車209系0番台車の廃車から程度の良い車両を選別し、在来線研究開発用の事業用試験車を製作しました。 長野総合車両センターにて改造され、川越車両センターに配置されました。主に首都圏エリアの在来線での走行試験を目的とし、山間路線区である中央本線内でも走行が出来る用、3・6号車のパンタグラフには、狭小トンネル対応のシングルアーム式のPS33Dが搭載されています。2008年~2009年:第1期走行試験が実施され、車両の性能向上に関する開発が行われました。第1期走行試験終了後、4号車の【サヤ209-8】は、台車の性能向上試験が達成されたこともあり廃車となりました。
そして2010年度からは、第2期走行試験が6両で行われ、次世代車両制御システム(INTEROS)の開発を実施。同編成内に搭載し、走行実験を行いました。また空気ばね車体傾斜機構の実験も行われ、重心を下げるための錘を積んで試験を行いました。その他には、営業用車両を用いた地上設備の状態監視用機器の開発も合わせて行われました。

最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございます^^))

※ ブログ掲載時の写真画質は、容量の関係で低下させてます。
※ 撮影地場所のご質問等にはお答え出来ません。予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 75

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック