E257系 0番台『 長モト M-111編成:中央東線 回送列車 』】

Past articles!!
_DSC8605.JPG
【 E257系 0番台『 長モト M-111編成 』】9両( JR東日本:中央東線 高尾~松本間 ) 】
JR東日本:長野県 長野支社(松本車両センター)が保持し、運行していたE257系0番台『 長モト M-111編成:あずさ・かいじ号 』です。鉄道マニアの間では、通称「 がいこつ 」と呼ばれております。
E257系0番台車は 1 6 本存在し、2001年~2019年の 1 9 年間を中央東線内主力特急で活躍してきましたが、後継の新型E353系の登場により特急運用を譲り、2019年のダイヤ改正で全車両が退きました。余剰となったE257系は、1 6 本中 1 3 本が、東海道本線の特急で使用されてきた国鉄型185系を置換える目的で、転属改造を終えた編成から順次『 踊り子 』号へと旅立つ予定となっております。
残りの 3 編成(M-111・M-105・M-107)は、引き続き、中央東線の特急カラーリングを纏い、首都圏を中心とした臨時列車や、波動運用で2020年現在も、活躍しております。

上記写真は、中央快速線内にある有名大型鉄橋区間を、長モト M-111編成が、大型鉄橋を『 回送列車 』運用で、甲府方面に走行する姿を捉えてみました^^))
2021年現在、中央東線内を走る主力特急形式は、E353系でありますが、多客臨(臨時・波動用)運用時には、2001年から活躍している旧型特急形式E257系 0番台車3編成(M-111・M-105・M-107)が、東大宮車両センターに常駐し、引き続き使用されております "0"))
旧E257系 0番台車の多くは、既に東海道本線 特急『 踊り子 』号へ延命改造され、中央東線から転出してしまっておりますが、残存している3編成に関しては、延命改造を受けておらず、車体の老朽化が問題化してきました "_"));;
そこでJR東日本は、これら3編成を廃車でなく延命改造を施し、引き続き首都圏内の波動運用(団体・臨時列車)で使用する事に決定!^^));;
上記写真のM-111編成も、2021年度中には延命改造を受ける予定の編成であり、現在、0番台旧あずさ・かいじ塗装で最後の活躍をしております^^))
改造される内容や外観は、正式にプレスリリースされていない為、どんな姿で登場するかが楽しみですが、少なくとも中央東線の主力定期特急運用から外されている為、車体塗装も変わるのではないか?と鉄道ファンの間では噂されております "0"))
あと何回、旧塗装で走行する姿が見れるのでしょうか? 2002年~2018年までは、撮る気が失せるほど沢山走っていた車両ですが、いざ走らなくなると、逆に希少価値が出る!という事だけで、撮らなかった物を撮るようになってしまう自分が情けない~~));;
延命改造後の車体塗装は、なつかしの国鉄色(ツートン色:赤色とクリーム色)に塗り直してもらえれば、最高なんですが....^^));;
期待を裏切らない姿で登場してくれることを期待しております^^)) 

【 E257系 】

中央本線(新宿口)・篠ノ井線(新宿~松本間)で使用されていた国鉄型(165系・183系・189系)の老朽化による置換目的として、2001年12月から登場した中央線の主力直流特急型車両です。大糸線内にも入線を考慮し、車体は耐寒耐雪構造となっております。
E257系の車両デザインは、GKインダストリアルデザインといった企業グループが担当し、外観は、アルプスの山々や林檎の花をイメージさせる白色をベースに、車体側面は、四季の彩りを表す、武田菱を模した大きな菱形模様が中央に描かれております。
菱形模様は【 桃色(春の花)・碧色(夏の木の葉)・黄色(秋の紅葉)・青紫(冬の山々)・銀色(八ヶ岳やアルプスの嶺)】とカラフルで、新型のE353系と比べ、賑やかな塗装であるようなイメージがありました。
編成全体のシルエットとしては、低重心化の為、編成の空調装置は全て床下に搭載。屋根上には、パンタグラフ以外の重量物は搭載していないことから、平坦ですっきりとしております。
基本編成9両(M-101~M-116)×16本と増結編成2両(M-201~M-205)×5本の計154両が3社(日立・近畿・東急車輛)で製造されました。
主な運用は、中央本線特急『 あずさ 』や特急『 かいじ 』ですが、その運用以外では『 白馬臨 』『 中央ライナー 』『 青梅ライナー 』等、中央本線、青梅線内で活躍。
過去には東海道線(東京口)『 湘南ライナー 』『 おはようライナー新宿 』『 ホームライナー小田原 』にも間合い運用されていました。
近年後継E353系の新型車増備に伴い、2019年3月のダイヤ改正で定期特急列車運用を終了しました。

【 E257系 0番台『 長モト M-111編成 』】

【 9 両構成 】 《 ③=④=⑤=⑥=⑦=⑧=⑨=⑩=⑪ 》
【〝③〟クハE257-111 】 【〝④〟モハE257-11 】 【〝⑤〟モハE256-11 】
【〝⑥〟モハE257-1011 】 【〝⑦〟サハE257-11 】 【〝⑧〟サロハE257-11 】
【〝⑨〟モハE257-111 】 【〝⑩〟モハE256-111 】 【〝⑪〟クハE256-11 】

同編成は、東急車輛製造(横浜製作所) で、基本編成16本中11本目に製造され編成です。 2002年05月10日に、国鉄型183系・189系の置換え用として新造されました。 E353系新型特急車両が誕生するまでの、17年間弱(2002年~2019年)『 あずさ 』『 かいじ 』『 中央ライナー 』『 青梅ライナー 』松本~長野間の『 一般快速列車 』に使用されました。 同編成は、E353系の導入に伴い、2019年03月15日で定期運用を終了。 現在、大宮総合車両センター東大宮センターに常駐し、主に中央東線内の波動輸送用として運用されています。

長モト M-111編成)
2002年05月10日:東急車輛製造(横浜製作所) 製造。新製配置は松本電車区。
2002年05月11日~(あずさ・かいじ・中央Liner・青梅Liner・快速列車)
2002年07月01日~(あずさ・かいじ・中央Liner・青梅Liner・湘南Liner
        ・湘南新宿Liner・快速列車)
         E257系:あずさ7往復・かいじ全車両E257系化。
         湘南Liner:183系2往復をE257系へ置換える。
2002年12月01日~(あずさ・かいじ・中央Liner・青梅Liner・湘南Liner
        ・おはようLiner新宿・ホームLiner小田原・快速列車)
        「 湘南新宿Liner → おはようLiner新宿・ホームLiner小田原」に改称。
         L特急の呼び名廃止。
2002年03月23日:E257系:あずさ6往復・かいじ5往復増備。
2004年04月01日:「 松本電車区 → 松本車両センター 」所属変更。
2007年03月18日:あずさ、かいじ号、全面禁煙化。
2008年03月15日~(あずさ・かいじ・中央Liner・青梅Liner・快速列車)
2010年2月~3月:先頭車前面排障器(通称:スカート)を強化タイプに変更。
2010年09月09日~長野県キャラクター:(アルクマ)PRラッピング運行。(12月中旬まで)
2010年12月04日~(波動運用・あずさ・かいじ・中央Liner・青梅Liner)
2018年06月15日:長野総合車両センター入場(装置保全の為)
2018年08月07日:長野総合車両センター出場。
2018年08月07日~(波動運用・臨時あずさ・臨時かいじ)
2019年03月15日:青梅駅にて定期運用離脱。
2019年03月17日:拝島駅中線 → 東大宮車両Center疎開回送。
2019年03月16日:ダイヤ改正、中央東線からの全てのE257系定期運用離脱。
2019年04月12日:東大宮車両Center 疎開待機から波動運用で復活。
2019年04月22日:東大宮車両Centerへ波動運用として貸出(松本車両Center所属中)
2019年04月23日~(波動運用・臨時あずさ・臨時かいじ・臨時白馬・修学旅行)
2020年04月01日~(波動運用・臨時あずさ・臨時かいじ)
2021年01月23日~(波動運用)
2021年度中:波動運用編成5000番台リフレッシュ工事施行の為、長野工場入場予定。

最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございます^^))

※ ブログ掲載時の写真画質は、容量の関係で低下させてます。
※ 撮影地場所のご質問等にはお答え出来ません。予めご了承ください。
※ 写真の許可なく無断転載は、お断りいたします。

"【 E257系 0番台『 長モト M-111編成:中央東線 回送列車 』】"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: